ホーム > 矯正治療 >矯正装置

林歯科医院の矯正装置

代表的な矯正装置です。これ以外にも、様々な治療器具があります。
その方の骨格、歯並びの状態に合わせて使い分けます。

一つ一つの歯の位置を修正するために用いる装置

ブラケット、ブリーズなどと呼ばれます

歯の表面にワイヤーが浮いているように見えます

良く見ると透明のブラケットが歯の表面に接着しています


歯の表面に金属のブラケットをつけています

装置の構造は透明のものと同じです。
機能的には優れていますが目立つので当院ではあまり用いません。

透明ブラケットより目立たない装置もあります。

技術的に難しいため、一回の治療時間が長い、治療終了まで期間がかかる、費用が高いなどの欠点があります。

どうしても見えないように治したい方には行っています。

表からは全く分かりません

裏に小さな金属製ブラケットをつけています

リンガルブラケットといいます

上あごを裏側から左右に広げる装置です

↑スライディングプレート 下顎に使います

反対咬合で噛み合わせを改善する時補助的に用います

↑リンガルアーチ
 歯の裏側から少数の歯を動かします

↑ホールディングアーチ
 リンガルアーチとほぼ同じ用途です 

歯が後戻りしないようにする装置です

リテーナーといいます

動かした歯の位置が後戻りするのを防ぐ装置です。
少しずつ使用時間を短くして行きます。

装置の調整の間隔も最初は1ヶ月おき、後戻りが無いのを確かめながら、2ヶ月おき、3ヶ月おき、と伸ばして行きます。

↑表からはほとんど分かりません(リテーナー)

リテーナーにも様々な材料が目的に応じて使われます

透明のリテーナーです↑

↑リップバンパー

下唇の圧力を緩和する装置です

矯正治療に関するQ&A

矯正治療についてもっと知りたいときは

歯の治療Q&A 矯正歯科

歯並びが気になったら
矯正相談をうけてみましょう

初めての矯正治療:相談
2回目の矯正治療:診断
3回目の矯正治療:治療開始
矯正治療に使う装置

その他ご不明な点は、ご来院時にご相談下さい